オリックス銀行カードローンってどんな商品なの?

オリックス銀行カードローンでお金借りる

 

オリックス銀行カードローン」はオリックス銀行が提供するカードローンです。借入れたお金は事業性目的には使えませんが、自身や家族の医療費、急な冠婚葬祭、歓送迎会、お子様の教育資金、リフォームや引っ越し資金、車購入資金など、個人の方のニーズにあった使い方ができるカードローンです。

 

またオリックス銀行カードローンは全ての提携ATMから1,000円単位で借入れができるため、「今月あと少しお金が足りない」など、細かい金額設定で借入れもできることから、昨今、個人の方にとても人気が出てきています。
ただし、申込みから借入れまで即日ではないので、オリックス銀行カードローンが気になっている方は、早めの申込みをしておきましょう。

オリックス銀行カードローンはこんな方におすすめ

オリックス銀行カードローンこんな人

 

オリックス銀行カードローンの申込みはインターネットからのみです。インターネットに不慣れな方は申込みであっても戸惑ってしまうかもしれません。日頃からパソコンやスマートフォンでインターネットを使い、操作に慣れている方におすすめです。申込み途中で、操作などに手間取って中断してしまっても、オリックス銀行はネット銀行なので、リアル店舗がありません。店頭窓口や電話申込み、無人契約機からの申込みはできませんので、注意しましょう。
また、オリックス銀行の口座がなくても申し込みできます。更に、ジャパンネット銀行の口座を持っている方は、借入れたお金を振り込んでもらう口座にしておくと便利です。なぜなら、ジャパンネット銀行には平日・土・日・祝日であっても、借入申込を受付けてもらった時間が0:10〜23:50の場合、借入れ金の振込が即時にされるからです。手数料も無料です。
借入れ金を引き出す際には、全国99,000店以上の提携ATMから引き出しが可能です。もちろん返済もできます。どちらも手数料無料なのも大きなポイントといえます。お金を返済するのに、毎回数百円でも手数料が持っていかれるのも、バカになりません。手数料で損をしたくない方にもおすすめです。

オリックス銀行カードローンでお金を借りる流れ

オリックス銀行カードローン流れ

 

オリックス銀行カードローンでお金を借りる流れをご説明します。
オリックス銀行カードローンの申込みはウエブサイトから24時間365日可能です。パソコン、スマートフォンでオリックス銀行カードローンの申込みサイトにアクセスしてください。
オリックス銀行は店舗を持たないネット銀行なので、消費者金融業者のように店頭窓口や電話、無人契約機などありません。オリックス銀行カードローンの申込みはウエブサイトのみです。
では、オリックス銀行カードローンをウエブサイトから申し込む手順をわかりやすく説明します。
ウエブサイト(パソコン、携帯電話)から申し込む (24時間365日受付OK)
・申込みから契約、借入まで
STEP1:申し込みフォームへの入力
パソコン・スマートフォンから申し込みフォームに必要事項を入力します。
STEP2:オリックス銀行から受付メールの配信
申込時に登録したメールアドレスに「Eメールアドレス確認用URL」が送られてきます。その「Eメールアドレス確認用URL」をクリック(受信確認)した後に、再度、
審査結果等の案内メールが送られてきます。
結果が登録メールアドレスに送られてくるので、必ず受信確認を行ってください。
STEP3:ローン審査の開始
オリックス銀行、及びオリックス・クレジット鰍ワたは新生フィナンシャル(株)の所定の審査が行われます。受信確認を行ったメールアドレスに審査結果が送られてきます。その他の方は審査結果が書面で郵送されてきます。
※審査結果は、土、日、祝日が間に入る場合や申込状況、審査状況によって時間がかかる場合もあります。
STEP4:ご勤務先への在籍確認・本人確認およびお申込内容の確認
審査が通ると、勤務先に在籍確認の電話が来ます。(勤務先へは担当者の個人名で電話連絡がきますので、借入れが勤務先にバレる事はありません)
在籍確認が終わったあとに、自分が指定した電話番号に本人確認および申込内容確認の電話がきます。
STEP5:ローンカード発行
ローンカードが発行され、自宅住所に簡易書留(転送不要)で送られてきます。郵送物の送付先として自宅以外、例えば勤務先を指定した場合でも、自宅住所に送られてきます。
オリックス銀行カードローンは、必ずローンカードが発行されます。大手消費者金融のプロミスやアコムのようにローンカードが発行されない(カ―ドレス)ように選択することはできません。
STEP6:必要書類を提出する
STEP4の完了後、登録メールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が送付されてくるので、そのURLをクリックして必要書類のアップロードを行います。
必要書類の確認と最終審査が終了したら、ローンカード到着後よりローンカードを利用することができます。
※仮審査結果に通過した後、借入れの意思、勤務先への在籍の確認が完了した翌営業日に、自宅あてに転送不要の簡易書留郵便で発送されてきます。(最短で差出日の翌日・翌々日には配達されます)
STEP7:利用開始
以上の手続きが終われば借入れが可能になります。
借入れ方法はご自身指定の口座に振込みか、提携ATMからローンカードで、お金を引き出す、のいづれかになります。

オリックス銀行カードローンの借入れ方法

オリックス銀行カードローン借入れ方法

 

「今月お金が足りない!」「今すぐにお金が必要」という時に、オリックス銀行カードローンの借入方法をまとめました。借入方法としては2種類あります。
@振込融資(ご指定口座へのお振込)
AATM(提携ATMからお引き出し)
それぞれをまとめましたので、参考にしてください。
@振込融資(指定口座へ振込)
パソコンや携帯電話(スマートフォン含む)、電話で込融資の手続きをします。
手続きが完了すると、ご自分の指定口座(「登録口座」もしくは「振込専用口座」)に融資金が振り込まれます。

 

●パソコンや携帯電話(スマートフォン含む)から手続きをする
お客さま専用サイト「メンバーズナビ」にログイン

振込融資の手続きをします。

手続き完了後、ご指定の口座に融資金が振り込まれます。

 

●電話で手続きをする
カードデスクに電話をし、振込融資を申し出ます。

手続き完了後、ご指定の口座に融資金が振り込まれます。

 

【カードデスク】
フリーダイヤル:0120-890-699
受付時間 9:00〜18:00(土日祝および12/31〜1/3休)

 

振込時間について。
振込時間は融資を申し出た時間や回線状況、振込先の金融機関によって違ってきます。お金が必要になると予想された場合、早めの融資申し出をしておきましょう。
振込先金融機関の受付時間と振込時間を書いておきます。
・ジャパンネット銀行あて
平日・土・日・祝日:受付時間が0:10〜23:50の場合、振込は即時実行されます。
・その他銀行あて
平日:受付時間が0:10〜8:40の場合、振込は即日9:00〜10:00に、受付時間が8:40〜15:00の場合、振込は即日実行、受付時間が15:00〜23:50の場合、振込は翌営業日の9:00〜10:00に実行されます
土・日・祝日:受付時間が0:10〜23:50の場合、振込は翌営業日の9:00〜10:00に振込がされます。
※システムメンテナンスのため、毎日3:00〜4:10は利用不可です。
?登録口座とは?
借入時にオリックス銀行から融資金の振り込みをしてもらったり、毎月の返済金が引き落としされる口座です。(返済方法が口座引落の場合)。申込時に登録が必要です。
?振込専用口座とは?
「登録口座」とは別に、融資金を受取るための専用口座です。(任意で登録)
「振込専用口座」から返済時の自動引き落としはできません。
?「登録口座」「振込専用口座」のどちらも登録しておくと、融資目的によって口座の使い分けができるので、便利ですし、使いみちが明確になるので、計画的な利用ができるのでおすすめです。
AATM(提携ATMからお引き出し)
ローンカードを利用して提携ATMより借入れた融資金を引き出す方法です。
ご利用限度額の範囲内で何度でも繰り返し利用できます。
提携ATMの利用手数料は無料です。

オリックス銀行カードローンの申し込み条件

オリックス銀行カードローン申込条件

 

年齢:申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
資格:@日本国内に在住している方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
Aオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方
収入:原則、毎月安定した収入のある方
※毎月安定した収入があるパート・アルバイトの方も申し込み可能です。
※主婦の方も本人に継続する安定収入があれば申込みできます。
※お金の使いみちは自由ですが、事業性資金には利用できません。

オリックス銀行カードローンの金利や利用限度額について

オリックス銀行カードローン金利や利用限度額

 

金利:年1.7%〜年17.8%
利用限度額:10万円〜800万円
(オリックス銀行カードローンは銀行カードローンのため、年収の1/3までしか借入ができないという総量規制(貸金業法)の対象外です。)

契約期間や返済日、返済方法

オリックス銀行カードローン返済方法

 

契約期間:1年(原則として審査のうえ自動更新)
返済日: 毎月10日または月末日のいずれかを返済日に決めることができます。また、選択した返済日はお客さま専用サイト「メンバーズナビ」で確認できます
※毎月の返済日を変更する場合は、お客さま専用サイト「メンバーズナビ」にログイン後、「各種変更手続き」から手続きをすれば変更できます。
返済方法:ご返済は3種類あります。いづれかの方法で返済しましょう。
@口座引落( ご自身指定の口座からの口座引落しによるご返済)
A振込返済(オリックス銀行指定口座への振り込みによるご返済)
BATM返済(提携金融機関のATMからのご入金によるご返済)
それぞれの返済方法を簡潔にまとめましたので、参考にしてください。
@口座引落( ご自身指定の口座からの口座引落しによるご返済)
申込時にご自身で指定した口座(登録口座)から自動で引き落としされる方法です。返済を忘れることがないので安心できる返済方法です。ただし、毎月の返済日の前日までに、返済額を入金しておく必要があります。
ここで注意しておくことがあります。すべての銀行口座が登録口座に指定できるわけではない、ということです。もしあなたが登録口座にしようと思っているものが、下記にあたれば、これらは口座引落ができない金融機関なので、返済方法を自動引落にする場合は、他の金融機関の口座を用意する必要があります。
口座引落ができない金融機関
・ ゆうちょ銀行
・ 商工中金
・ 農林中央金庫
・ オリックス銀行
・ セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行等のネット系銀行(ただしジャパンネット銀行は除く)
・ 外資系銀行
・ SMBC信託銀行

 

「ATM返済」「振込返済」から「口座引落」へ変更したい場合
返済方法を「ATM返済・振込返済」から「口座引落」へ変更したい場合は、「預金口座振替依頼書」を提出しないといけません。
「預金口座振替依頼書」はパソコンのご専用サイト「メンバーズナビ」から請求、あるいは印刷することもできます。
また、カードデスク(0120-890-699)へ電話をして、「返済方法変更をしたい」と担当者に伝えれば大丈夫です。
A振込返済(オリックス銀行指定口座への振り込みによるご返済)
ご自身に用意された返済専用口座に返済する方法です。
返済専用口座の確認方法はこちらです。
1)お客さま専用サイト「メンバーズナビ」にログイン
2)「返済専用口座」を選択
3)返済専用口座が表示
またカードデスクに電話をかけて教えてもらうこともできます。
TEL:0120-890-699(受付時間は9:00〜18:00 土日祝および12/31〜1/3休)
BATM返済(提携金融機関のATMからのご入金によるご返済)
ローンカードを使って、提携ATMより返済する方法です。提携ATM手数料は終日無料です。手数料も回数を重ねるとバカにできませんし、提携ATMは全国に99,000台以上あるので、仕事帰りなどのちょっとした時間を利用してATMに出向き返済することもできます。自動引落に対応していない銀行口座しか持っていない方などにおすすめの返済方法です。
提携ATM設置場所は、コンビニ・スーパー、都市銀行・地方銀行、ゆうちょ銀行です。
コンビニ・スーパー設置のATM
借入れ、返済、共に可能です。主な設置場所はこちらです。
セブン銀行ATM:セブンイレブンやイトーヨーカドーなど
コンビニATMのENET:ファミリーマート、スリーエフ、ポプラ、デイリーヤマザキ、SAVEON、コミュニティ・ストアなど
ローソン銀行:ローソン、ナチュラルローソン
イオン銀行:イオン、ミニストップなど
※利用時間と手数料
平日・土曜・日曜・祝日:0:15〜3:00、4:10〜23:50
・いずれも手数料無料です。
・イオン銀行は、毎月第2月曜日1:30〜7:00がステムメンテナンスなので利用できません。
・利用時間帯でも提携先の営業時間やシステムメンテナンスのため利用できないことがあるので、注意しましょう。

 

都市銀行・地方銀行設置のATM
・三菱UFJ銀行ATM
借入れ、返済、共に可能です。いずれも手数料無料です。
※利用時間
平日・土曜・日曜・祝日:0:15〜3:00、4:10〜23:50
毎月第2土曜日21:00〜翌7:00はシステムメンテナンスのため利用できません。
利用時間帯でも提携先の営業時間やシステムメンテナンスのため利用できないことがあるので、注意しましょう。

 

・三井住友銀行ATM
借入れ、返済、共に可能です。いずれも手数料無料です。
※利用時間
月曜:7:00〜23:45
火曜〜土曜:0:15〜3:00、4:10〜23:45
日曜:0:15〜3:00、4:10〜21:00
祝日は当該曜日の営業時間に利用できます。
利用時間帯でも提携先の営業時間やシステムメンテナンスのため利用できないことがあるので、注意しましょう。

 

・西日本シティ銀行ATM
借入れ、返済、共に可能です。いずれも手数料無料です。
※利用時間
【借入れ】
平日:7:00〜23:00
土曜・日曜・祝日:8:00〜21:00
【返済】
平日:7:00〜19:00
土曜・曜・祝日:8:00〜19:00
利用時間帯でも提携先の営業時間やシステムメンテナンスのため利用できないことがあるので、注意しましょう。

 

ゆうちょ銀行ATM
借入れ、返済、共に可能です。いずれも手数料無料です。
※利用時間
平日・土曜・日曜・祝日:0:15〜3:00、4:10〜23:40
毎月第3月曜日は7:00から利用できます。
利用時間帯でも提携先の営業時間やシステムメンテナンスのため利用できないことがあるので、注意しましょう。

審査に必要な書類

オリックス銀行カードローン必要な書類

 

本人確認書類と収入証明書が必要になります。
必ず申込時に入力したご自分の「名前」「現住所」「生年月日」の3項目が確認できる以下の本人確認書類を提出しないといけません。また有効期限内または現在有効のものに限ります。
必要書類は、勤務先への在籍確認・本人確認およびお申込内容の確認完了後、申込時に登録したメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が送られてくるので、そちらにアップロードします。
本人確認書類となるものはこちらです。
本人確認書類(いずれかの写し)
・運転免許証(裏面に変更情報が記載されている場合は、表面と裏面)の写し
※有効期限・公安委員会名称・公安印も確認できるよう提出すること。
・健康保険証(名前、現住所、生年月日」が記載のある箇所全ての券面)の写し
・個人番号カード(表面のみ。裏面の写しは提出してはいけません)
・パスポート(顔写真のページと所持人記入欄(現住所の記載)のページ)の写し
・在留カードまたは特別永住者証明書(名前、現住所、生年月日」の記載のある箇所全ての券面)の写し
※顔写真のあるものに限ります
※裏面に現住所の記載がある場合は、表面・裏面両方を提出すること。
原則、利用限度額が50万円超の場合
本人確認書類に加え所得証明書類の提出が必要です。
※所得証明書類にあたいする書類
源泉徴収票
住民税決定通知書または課税証明書
納税証明書(その2)
確定申告書(付表含む)

 

個人事業主、会社経営者の方は、源泉徴収票以外の書類の提出が必要です。またいづれも、税務署の受領印のあるもので、tax利用の場合は申告書の写しおよび受信通知を提出します。

まとめ

オリックス銀行カードローンまとめ

 

「オリックス銀行カードローン」は他の銀行系カードローンや他の消費者金融業者と比べると、特に際立ったメリットはないかもしれません。また申込みから契約まで日にちがかかります。最短5日かかるようです。オリックス銀行カードローンは必ずローンカードが必要になります。このローンカードは自宅住所に郵送されてきます。郵送先を勤務先などに指定しても自宅に送られてくるので、絶対に家族などにお金を借りていることがバレたくない方は気をつけましょう。そのかわり、ローンカードが手に入りさえすれば、即日融資が可能になります。ジャパンネット銀行の口座を所有していて、その口座を借入金の振込先にしておくと融資してもらったお金が即時に振り込まれます。(日・土・日・祝日:受付時間が0:10〜23:50の場合、振込は即時実行されます。)
また最高800万円までの融資がしてもらえますので、審査は厳しくなるかと思われますが、大金が必要な方はオリックス銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

TOPへ