消費者金融とは

消費者金融というとなにか怪しげな雰囲気を感じているかたもいるかもしれません。

 

もうあまり聞かなくなった「サラ金」とおなじような感覚でしょう。

 

若い方はサラ金と聞いてもわからないかもしれません(笑)

 

サラ金も消費者金融も言い方が違うだけで同じ意味です。(以下「消費者金融」という)

 

消費者金融は、

2つに大別されます。

 

中小消費者金融の方は「街金」と言ったりもします。

 

もちろん、どちらとも正規の貸金業法に基づいた経営をしているので安心してもらって大丈夫です。

 

激しい取り立て・・・とかないです(笑)

大手消費者金融

大手消費者金融をまとめると、

以上が5大消費者金融となります。

 

このページでは、この大手消費者金融の人気ランキングや比較するポイントなどをしっかりと解説していきます。

消費者金融の金利比較

消費者金融 金利
プロミス 4.5%~17.8%
レイクALSA 4.5%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

はじめて消費者金融で借入れする場合は、上限金利が採用されることがほとんどです。

 

つまり、

  • 3.0%~18.0%

左側の3.0%を見るのではなく、右側の18.0%の方を基準で考えるのがセオリーです。

 

したがって、金利面でいうと、上限金利17.8%のプロミスが一つ抜きん出ているといえます。

 

たったの0.2%と考える方も少なくないですが、長期目線で考えると支払う利息に差がついてきます。

消費者金融の限度額比較

消費者金融 限度額
プロミス 500万
レイクALSA 500万
アコム 800万
アイフル 800万
SMBCモビット 800万

ご覧の通り、限度額を比較するとアコムとアイフルとSMBCモビットが全く同じ800万円となっています。

 

大口の融資を狙っている方にはおすすめですが、初回の限度額はよほど信用がない限り50万円以内に設定されることが多いです。

 

過度な期待をせずに、まずは審査に通過して信用を蓄積してから増額するプロセスを踏んだほうがいいです。

消費者金融の提携ATM手数料比較

消費者金融 提携ATM手数料
プロミス 有料
レイクALSA 無料
アコム 有料
アイフル 有料
SMBCモビット 有料

消費者金融から借入れする際は、ローンカードを発行してもらいコンビニの提携ATMでキャッシングする流れになります。

 

そこで、手数料がイチイチ発生するところと、しないところでは意外と差がついてしまいます。

 

このカテゴリーでは、レイクALSAに完全に軍配があがります。

 

ただし、

  • プロミス・・・自社ATMに加え、三井住友銀行ならATM手数料
  • アコム・・・自社ATMならATM手数料
  • アイフル・・・自社ATMならATM手数料
  • SMBCモビット・・・三井住友銀行ならATM手数料

なので、近所に上記ATMがある方は、レイクALSA以外でも手数料無料でATMキャッシングできます。

消費者金融の無利息比較

消費者金融 無利息期間
プロミス 初回出金日の翌日から30日間
レイクALSA

●Webで申込むと60日間特典あり<Web申込み限定>
●お借入れ額5万円まで180日間特典あり

アコム 契約日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間
SMBCモビット 無利息期間なし

はじめての方が、消費者金融で借入れする際、無利息サービスがあるのがもはや常識になってきていますが、その中でもレイクALSAが「選べる無利息」で軍配があがります。

 

プロミスに関しては、契約日から30日間を計算するのではなく、初回出金日から30日間を計算するので、借入れを始めない限り無利息期間は失効しないのでユーザビリティーは高いです。

 

したがって無利息のカテゴリーは、レイクALSAとプロミスが2トップです。

消費者金融の即日融資比較

消費者金融 審査回答 融資まで 審査受付時間
プロミス 最短30分 最短1時間 9:00~22:00(土日・祝日を含む)
レイクALSA 最短15秒 Webで最短60分融資も可能

8:10~21:50(土日・祝日を含む)
※毎月第3日曜日は8時10分~19時

アコム 最短30分 最短1時間 9:00~21:00(土日・祝日を含む)
アイフル 最短30分 最短1時間 9:00~21:00(土日・祝日を含む)
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日 9:00~21:00(土日・祝日を含む)

消費者金融の最大のメリットというと、融資スピードです。

 

各社即日融資に対応していてほぼ互角です。

 

ただ、口コミを見る限り、プロミスとアコムが融資スピードに関しては一つ上のステージで戦っていることが伺えます。

消費者金融記事一覧

プロミスといえば有名芸能人がCMしているので、テレビを見る方であれば1度は聞いたことがある名前だと思います。「パッと!ピッと!プロミス」の合言葉で有名です。プロミスという名前はブランド名であり、プロミスの正式な会社名は「SMBCコンシューマーファイナンス」といいます。そして「SMBCグループ(三井住友フィナンシャルグループ)」の一つでもあります。SMBCグループの中には有名な三井住友銀行もあります...

アコムといえば・・・「はじめてのアコム」というフレーズでもおなじみ!渡部篤郎さんと佐藤美希さんのテレビCMでもおなじみです。アコムは三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)に属しています。三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)には、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJニコス、三菱UFJ証券ホールディングス、三菱UFJリースなどが入っています。そしてアコムはアコムマスターカー...

SMBCモビットといえば竹中直人さん小芝風花さんが印象的なCMをしているので、印象に残っている方も多いかと思います。消費者金融と聞くと良いイメージを持つ方は少ないと思いますが、SMBCモビットは誰しもが知っているSMBCグループに入っています。SMBCグループには三井住友銀行(SMBC、都市銀行)をはじめ、三井住友カード(クレジットカード会社)、三井住友ファイナンス&リース、日本総合研究所、SMB...

レイクALSAは、新生銀行グループの消費者金融会社の新生フィナンシャルが取り扱っているカードローンです。CM広告にはロボットも登場し、未来的で次世代の消費者金融の新しいイメージを作り出しています。そんなCMの影響からか、若年層にも安心してをレイクALSAを利用する方が増えています。レイクALSAは「はやい」「つなげる」「あんしん」「私たちのビジョンに則って」という4つの意味から成り立っています。レ...

アイフルといえば「ひとつ聞いてええか?」「ここに愛はあるんか?」「信じられる愛はあるんか?」といったドラマ仕立てのCMを展開しており、一度は目にしたことがあるかと思います。アイフル(AIFUL)の語源は、Affection(愛情)Improvement(努力)Faithfulness(誠実)Unity(結束)Liveliness(活気)。しっかりした理念をもっているのが伺えます。アイフルはアコムや...

株式会社J.Score(ジェイスコア)(以下「ジェイスコア」という)は、2016年11月にみずほ銀行とソフトバンクが提携して設立された消費者金融です。ジェイスコアが提供する個人向け融資サービスを「AIスコア・レンディング」といいます。AIスコア・レンディングは、AI技術を活用した審査の仕組みが画期的で他の消費者金融にはない特徴を持っています。AIスコアを利用することで、今まで信用度の低い方(低与信...

ノーローンとは、新生銀行グループの新生パーソナルローン株式会社が提供しているカードローンです。ノーローンは、なんどでも1週間無利息という他社にはない思い切ったサービスを展開しています。このページでは、そんな独自のサービスを提供しているノーローンについての基本事項をまとめています。「新生パーソナルローン」の企業情報社名:新生パーソナルローン株式会社社名(英文名):Shinsei Personal L...

TOPへ