お金を借りるなら

「今すぐお金を借りたい状況・・・」

 

このような状況は、特に悲観するようなことではなく、普通に生活していても誰にでも訪れることなので、まずは深呼吸でもして落ち着きましょう。

 

「急いでいる」「緊急で何とかしないといけない」からといって、お金を借りるための基礎知識もなく、よくわからない金融機関などでお金を借りたりすることは、おすすめできません。

 

当サイトでは、一人ひとりの目的や状況に応じたお金の借り方を、できるだけわかりやすく、詳しく紹介いたします。

今すぐお金を借りるなら即日対応のカードローン!

  • 給料日までのつなぎの生活費
  • 急な会社の飲み会・友達からの合コンの誘い
  • クレジットカードの支払い
  • 行きたいアーチストのコンサートチケットをどうしてもゲットしたい
  • どうしても欲しいスニーカーがある
  • ママ友のランチ会などのお付き合い
  • 思わぬ冠婚葬祭による出費
  • 思いがけない交通事故や病気で入院費が足りない

などの状況であれば、「即日」「今すぐ」「今日中」にお金を工面しないといけません。

 

このような時は、シンプルに即日審査で即日融資を受けられるカードローンを契約して、即金を手にする方法を選択することをおすすめします。

 

カードローンといっても、大きく分けると、消費者金融と銀行カードローンになります。

 

即日に対応しているカードローンは、消費者金融になります。

消費者金融でお金を借りる

消費者金融でお金借りる

 

消費者金融でお金を借りるなら、断然、テレビCMなどでもおなじみの大手の消費者金融が即日に対応もしていますし、無利息などのサービス面も充実していて、頼りになります!

 

おすすめの消費者金融ランキング

銀行でお金借りる

銀行でお金借りる

 

銀行と言っても、大手都市銀行や、地方銀行、ネット銀行など多様化しています。

 

どの銀行でもカードローンの商品を扱っているわけですが、消費者金融との決定的な違いが2つあります。

  1. 銀行カードローンは即日借りれない
  2. 銀行カードローンは消費者金融より低金利

この2点は、重要なポイントです。

 

銀行カードローンは即日借りれない

銀行カードローンは、審査が厳格化され、2018年1月から本格的に即日融資を停止している状態です。
参照リンク:銀行、個人即日融資を停止 来年1月 カードローン縮小へ

 

従って、即日お金を借りたい方は、消費者金融が最も最適な借入れ先となります。

 

銀行カードローンは消費者金融より低金利

銀行カードローンの最たるメリットとしては、やはり「低金利」ということが挙げられます。

 

審査の難易度は、消費者金融より上がりますが、審査に通過すると、金利負担が少なく、長期的にお付き合いできる心強いカードローンになります。

 

お金を借りる時は金利が安い方がお得?

金利安い

 

お金を借りる際、緊急を要している時であっても、なるべく金利は高いより安い方がいいに決まっています。

 

例えば、「同じ10万円を金利18.0%で借入れした場合と、14.5%で借入れした場合」を比較します。

18.0%の場合 14.5%の場合
計算式 10万円×18.0% 10万円×14.5%
利息 18000円 14500円

 

当たり前ですが、14.5%の方が利息が安いです。18000円−14500円=3500円で、18.0%と比較すると3500円浮くことになります。つまり、原則としては、低金利の金融機関を利用する方がお得なことに間違いないわけですが、ケースバイケースで考え方が変わります。

 

まず、金利の基本的なことをおさらいします。各社金利を比較する時、例えば「金利:3.0%〜18.0%」といったスペックがあります。

 

この数字の読み方ですが、3.0%の方を「下限金利」といい、18.0%を「上限金利」といいます。そこで、条件反射的に「3.0%は低金利だ!」ということで、すぐに申し込まれる方がいらっしゃいますが、これは失敗パターンです。

 

初めて借入れをする方は、下限金利が採用されることはまずありません。上限金利の方を設定されます。

 

つまり、各社金利スペックを比較する時は、必ず上限金利を見て決めることが鉄則です。上限金利を見ると・・・

 

金利が安いのは消費者金融ではなく、銀行カードローンだな」ということが一目瞭然です。

 

しかし、銀行カードローンには「無利息期間」を設定している銀行がありませんし、審査通過率が消費者金融より低いです。

 

その点、アコムやプロミスのような消費者金融には無利息期間という強みがありますので、そのメリットを活用して短期で返済して無利息で乗り切るという方法もあります。

 

長期的な付き合いで考えるなら、銀行カードローン。短期的なスピード重視で考えるなら消費者金融が向いていると言えます。

 

つまり、金利が安いからといって「万人にとって良いカードローン」とは言い切れないということになります。

市役所でお金を借りる場合

市役所で借りる

 

市役所でお金を借りることはできます。

 

民間の消費者金融や銀行カードローンでお金を借りることに抵抗がある方や、市などの公的機関からの借入れの方が安心という方に利用されています。

 

市役所でお金を借りることができる制度を「生活福祉資金貸付制度」と言います。厚生労働省が管轄しています。

 

一時的に貸付けすることで自立した生活ができるように支援することが目的です。

 

民間のキャッシングサービスに比較すると低金利(年1.5%)であることが特徴です。また、連帯保証人をつけることができると無利子で借りることも可能です。

 

ただし、あくまでも貸付けの制度であって、支給の制度ではありません。つまり、返済義務があるということを前提として認識しておく必要があります。

 

生活福祉資金貸付制度の中には、貸付金の種類が

  • 「総合支援資金」
  • 「福祉資金」
  • 「教育支援資金」
  • 「不動産担保型生活資金」

の4つがあります。

 

生活福祉資金貸付制度を受けられる人は、

  • 「低所得世帯」
  • 「障害者世帯」
  • 「高齢者世帯」

です。

 

逆に受けられない人は、

  • 「住居がない方」
  • 「失業保険の受給資格を有している人」
  • 「多重債務者」

になります。

 

まずはご自身の住まれている地域の民生委員か市区町村社会福祉協議会に相談することからスタートしましょう。

 

審査や提出書類などは、事業所によって異なりますが色々と複雑なので、民間のキャッシングサービスの方が遥かに準備が簡潔に済みますし、生活福祉資金貸付制度は、即日でお金を借りることはできません。

学生がお金借りるには

学生が借りる方法

 

学業や遊びにキャンパス生活は、夢が膨らみます。

 

しかし、お金がなくて学費が払えなかったり、友人の誘いの合コンに行けなかったり、欲しい洋服が買えなかったり。。。

 

お金の悩みは学生でも付きものです。

 

学生の方でお金を借りる方法は、大きく4つに分けられます。

  • 奨学金制度を利用する
  • クレジットカードのキャッシング枠を使う
  • 学生ローンを活用する
  • カードローンを利用する

以上の4つになります。

 

奨学金制度を利用する

親に内緒で借りたいといった方には、不向きです。両親としっかりと相談して、利用する制度です。意外かもしれないですが、全大学生の内、約半数が奨学金制度を利用しています。

 

中でも多いのが、日本学生支援機構(JASSO)となります。利息の付かない第一種奨学金と、利息の付かない第二種奨学金があります。これらと合わせて入学時の一時金として貸与する入学時特別増額貸与奨学金(利息付)があります。

 

クレジットカードのキャッシング枠を使う

お手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を使って、キャッシングすることができます。18歳・19歳でも可能です。

 

学生ローンを活用する

学生ローンと言っても、普通に収入がないと貸してもらえません。

 

学生専用ローン一覧
  • イーキャンパス
  • アミーゴ
  • カレッヂ
  • フレンド田(デン)
  • 友林堂
  • アイシーローン
  • マルイ
  • トーエイ

 

カードローンを利用する

大手のカードローン各社は、学生であっても安定したアルバイト収入があれば借入れ可能です。ただし、20歳以上が条件となります。また仕送りは安定した収入にカウントされないので注意が必要です。

友人からお金を借りる

友人から

 

お金が必要になった時、真っ先に思い浮かぶ顔が友人という方も少なくないでしょう。

 

また、過去に友人からお金を借りた人もいらっしゃるかもしれません。

 

その時は、きちんと返済できたでしょうか?友人に迷惑を掛けませんでしたか?

 

お金がピンチなら、仲の良い友人なら普通に貸してくれるかもしれません。

 

友人同士ですから、無利息という暗黙の了解があったりもします。

 

しかし、甘えなどが出て結局借りたお金を返さなかったりとか、忘れていたりして人間関係にヒビが入ったりする可能性が高いことを自覚するべきです。

 

つまり、友人からお金を借りるという選択肢を無くしたほうが結局、人間関係も円滑にうまくいきます。

 

お金も大切ですが、友人も大切にしなければいけません。

 

「財布を無くした!」「泥棒に入られた!」「家族に不幸があった!」など様々な言い訳を考えて友人から借りようとすることも精神衛生上よくないです。

 

未成年ならともかく、自立した成人なら「安易に友人からお金を借りない」と自分の中でルールを決めておくことをおすすめします。

質屋でお金を借りる

質屋

 

若い世代の方からすると「質屋って何屋さん?」という方もいるかもしれません。

 

完全なネット社会ですから、メルカリやヤフオクでご自身の持っているものを捌いている人が多いかと思います。

 

しかし、高額な腕時計やジュエリーなどの貴金属やブランドバッグは、質屋に持っていって金策する方がいい場合があります。

 

なかなか小さな質屋には慣れていないと入りにくいですが、業界最大手の大黒屋などの質屋ならそれほど抵抗もなく入れると思います。

 

例えば、ロレックスの腕時計を持っていたとして、質屋に預けに行くと、ロレックスの腕時計を預ける代わりに、お金を借りることが可能です。

 

期限は、一般的には3ヶ月で、その期間中に元金と賃料を支払えばロレックスを取り戻せます。仮に期間中に支払わないとなると、ロレックスは質屋流れといって所有権が質屋に移行します。

 

質屋でお金を借りるメリットは、なんといっても審査がないということです。例えば多重の債務を抱えて、ブラックの方であっても、関係ありません。

 

品物と免許書などの身分を証明できるものがあればお金を借りれます。

 

意外と見落としがちなお金を借りる有効な方法です。

 

一度、身の回りをチェックして、質屋に預けられる物品がないか探してみましょう。

生命保険でお金借りる

生命保険で借りる

 

生命保険を利用してお金を借りることが可能です。

 

掛け捨てではなく、貯蓄性のある生命保険に入っている場合、契約者貸付制度という制度を利用して、お金を借りれます。

 

契約者貸付制度は、保険を解約するのではなく、解約返戻金を担保にしてお金を借りる方法になります。解約返戻金の70〜90%以内に設定している保険会社が多いです。

 

カードローンのような審査などはないので、無職でもお金を借りれる方法となります。

 

手続き(申請)から、実際にお金が手元に入るまで通常は、3日〜1週間程度です。つまり、即日、今日中に借りれるといった方法ではないので注意してください。

 

一度、契約されている生命保険はどういった契約者貸付制度なのか確認してみましょう。

 

ゆうちょ銀行でお金借りる

 

ゆうちょ銀行

 

ゆうちょ銀行での借入れ方法ですが、

  • カードローン「したく」
  • 住宅ローン「夢舞台」
  • パーソナルローン「夢航路」
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 貯金担保自動貸付け
  • 財産形成貯金担保貸付け
  • 国債等担保自動貸付け

などの借入れ方法があります。

 

カードローン「したく」

ゆうちょ銀行が窓口になって受付していたカードローン「したく」は、新規のお申し込みは、2018年10月31日(水)受付分をもって終了となり、現在ゆうちょ銀行ではカードローンの商品がない状態です。新しい情報が入り次第更新します。

 

住宅ローン「夢舞台」

フラット35・つなぎ融資応援型・基本プラン・個人事業主応援型・働く女性応援型 I II・アクティブシニア応援型・ビジネスマン応援型・キャリアアップ応援型・ビジネスオーナー応援型・派遣・契約社員応援型・特別団信応援型といった商品ラインナップがあります。

 

パーソナルローン「夢航路」

自己投資応援プラン・教育プラン・オートプラン・ハッピープラン・エコプラン・リフォームプラン・フリープランといった一人ひとりも目的に合ったプランがございます。

 

クレジットカードのキャッシング枠

ゆうちょ銀行で取扱いしている「JP BANK カード」というクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることができます。

 

貯金担保自動貸付け

ゆうちょ銀行で定期貯金や定額貯金をしていることが前提となる借入方法です。

 

財産形成貯金担保貸付け

「財形定額貯金」「財形年金定額貯金」「財形住宅定額貯金」をしているこごた前提となる借入方法となります。

 

国債等担保自動貸付け

個人向けの国債の発行があることが前提となる借入方法です。

 

ろうきんでお金借りる

 

ろうきん

 

ろうきん(労金)とは、「労働金庫」の略称なります。

 

ろうきんで、お金を借りる事は可能です。

 

全国各地、13の拠点を構えている金融機関で、はたらく仲間がお互いを助け合うためにつくった組織です。

 

ろうきんと聞くと、利用対象者が限られているように感じますが、一般の勤労者でも条件を満たすとお金を借りることができます

 

その条件とは

  • ろうきん友の会に加入していること(入会金・年会費無料)
  • 個人会員としてろうきんに出資していること(出資額1000円以上)

いずれかの条件を満たしているとオッケーです。

 

ろうきんの基本となるローンは

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • カードローン

と4つあります。

 

ろうきんでお金を借りることのメリットは、なんといっても低金利であることです。民間のカードローンでは、申込み条件として20歳以上ですが、ろうきんのカードローンでは18歳以上から申込むことができます。つまり、未成年でもお金を借りることができるレアーな金融機関です。

 

ただし、WEB完結のような簡易的な申込み方法は採用していないので、手続きに時間を要します。つまり、今すぐのニーズには合致しない借入れ方法という側面もあります。

 

生活サポート基金でお金借りる

 

生活サポート基金

 

生活サポート基金は、公的なイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、民間の機関です。

 

生活サポート基金の事業の中に生活再生ローンという生活再生資金の貸付事業があり、お金を借りることができます。

 

貸付の内容

  • 消費者金融からの債務を整理するための資金を借りたい人
  • 諸事情により家賃、税金、公共料金、などの滞納した際に整理するための資金を借りたい人
  • 個人信用情報などにより金融機関などから借り入れできない場合の生活資金を借りたい人
  • 債務整理後、生活再建をはたせるように自立支援のための資金を借りたい人
  • 一時的な生活資金を借りたい人
  • 不動産の競売や給与の差し押さえをされている場合も、生活の再建が見込めるときは、
  • 再建のための資金を借りたい人

こういった方が対象となり、貸金業法が適用されるので、借入れるには審査があり、総量規制の対象になります。

 

消費者金融や銀行カードローンと違い、原則として連帯保証人が必要となるので注意してください。

 

融資利率は、年12.5%以内(遅延損害金利率年利14.6%)となり、低金利のカテゴリーに括られます。

 

無職でもお金借りれる?

 

無職で借りれる

 

無職といっても、ザックリし過ぎているので細分化してみていきましょう。

  • 学生
  • 専業主婦
  • 年金生活者
  • 失業中

学生

学生は、20歳以上でアルバイトをしていて安定した収入があるとカードローンでお金を借りれる可能性があります。ただし、限度額は少なめに設定されます。

 

専業主婦

収入のない主婦の方は、消費者金融ではまず借りることは厳しいですが、一部銀行カードローンは、貸付けを行っています。

 

年金生活者

年金だけが収入という方でも、みずほ銀行カードローンなど借りれる金融機関は少なからず存在します。

 

失業中

失業中の人は、カードローンの申込み対象外となります。そのため、失業予定の方は、失業する前にカードローンを契約しておくことが賢い処世術といえます。

 

お金を借りたいのに審査に通らない?

 

審査

 

お金を借りるといえば、基本的な方法は、カードローンを契約してキャシングすることになります。

 

その際に審査に通過する必要があるわけですが、審査に通過する人と通過しない人が出てきます。

 

審査落ちの理由を金融会社から聞いても、まず教えてもらうことができませんが、下記のように推測できます。

 

審査に通過しない人の特徴

  • 安定した収入がない
  • 多重債務者である
  • スマホ(携帯電話)の料金の滞納している
  • クレカの支払いを延滞している
  • 数ヶ月の間に2件以上のカードローンに申し込んだ
  • ブラックつまり債務整理や大弁済、強制解約などの金融事故を起こしている

こういった特徴が見られます。

 

審査通過ポイントである属性をチェック

 

消費者金融や銀行カードローンの審査に通過するためには、まずは「安定した収入があるかどうか」が最大のポイントです。
そして、下記のような属性もチェックされています。

  1. 年収・・・高いほど有利
  2. 年齢・・・20代前半〜50代前半の方であれば問題なし
  3. 勤続先規模(職業)・・・公務員・名前の通っている大企業は評価が高い。自営業より中小企業のサラリーマンの方が有利
  4. 勤続年数・・・3年以上現在の職場で勤務しているとポイントが高い
  5. 雇用形態・・・正社員がベスト、契約社員や派遣社員やアルバイトは審査に通過しても限度額が低い可能性有り
  6. 家族構成・・・最も評価が高いのは独身で家族と同居。
  7. 居住形態・・・賃貸物件より持ち家のほうが良い。本人名義であれば更に有利
  8. 居住年数・・・引越しを繰り返してなければオッケー
  9. 電話区分・・・固定電話があればベストだが、携帯(スマホ)があれば問題なし
  10. 健康保険の種類・・・国民健康保険は評価低い傾向

なども審査通過の判断材料になりスコアリングされます。安定した収入がある方は、まずは各社のお試し診断を活用することをおすすめします。

 

カードローンとフリーローンの違いを知り使い分けよう

 

カードローンとフリーローンはどちらもお金を借りることができる便利なローンになります。共通しているのはお金を借りることができるという意味になりますが、根本的に両者の違いがあります。この違いを把握して自分に合っているローンでお金を借りることが大切になります。互いにメリット、デメリットがありますので違いを知ってから利用するようにしましょう。

 

カードローンは限度枠内であれば何度でも借りることができます。たとえば限度額10万円のカードローンであれば、今日2万借りて来週1万借りるようなことができます。メリットは限度枠内で何度も利用できることであり、デメリットは一度カード利用停止を受けてしまうとカードローンを利用できなくなります。

 

フリーローンは限度枠というものはありません。20万円のフリーローンであればその金額すべては振り込まれることになり、あとは返済するだけになり、返し続けてもまた借りることはできません。メリットは一度に必要なお金をすべて受け取れることで、デメリットは何度も繰り返してお金を借りれないことです。

 

どちらが自分に合っているのかをしっかり認識して必要なローンでお金を借りることが大切です。