モアタイムシステムとは?

 

モアタイムシステムとは、時間帯や土日祝に左右されずに、24時間365日いつでも他行口座に「瞬時振込」できるシステムです。
2018年10月9日から稼働しています。


 

従来の銀行の振込みといえば、コアタイムである「平日8:30〜15:30」までしか振込みが反映できませんでしたが、モアタイムシステムが確立することにより、さらに利便性が高くなり、

  • 平日夕方や夜間でもリアルタイムで着金
  • 土日祝でもリアルタイムで着金

といったことが、可能になりました。

 

モアタイムシステムが稼働することによって、法人、個人問わず即時入金が可能になったので、今まで抱えていた「翌日着金になってイライラする」といった不便さやストレスからも開放されます。

 

つまり、即時でお金借りる際の強いインフラになっています。

モアタイムシステムに参加している金融機関

モアタイムシステムは、全国銀行協会(全銀協)に加盟する全国の金融機関の510行以上が参加しており、ほぼ網羅されていると考えていいです。

 

都市銀行(みずほ銀行・三井住友銀行・埼玉りそな銀行・三菱UFJ銀行・りそな銀行)は、すべて参加しています。

 

→モアタイムシステム参加金融機関の一覧

モアタイムシステムに不参加の金融機関

あおぞら銀行・ブラジル銀行・きらぼし銀行などが不参加となっています。

 

ただし現状、参加を見送っている銀行も、今後参加する可能性もありますので、当サイトでいち早く情報を更新していきます。

モアタイムシステム対応の消費者金融

モアタムシステムが本格稼働したことにより、消費者金融の各社も、瞬時振込みが可能になりさらにユーザーの満足度に応えられるようになっています。

消費者金融のモアタイムシステム対応状況

消費者金融 モアタイムでの瞬時振込
プロミス モアタイムシステムに参加している全銀行が対象
レイクALSA モアタイムシステムに参加している全銀行が対象
アコム 楽天銀行のみ対象
SMBCモビット 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行が対象
アイフル 不可

 

ご覧のように、プロミス・レイクALSAに関しては、モアタイムシステムに参加している銀行口座を持っていれば、24時間365日、リアルタイムで振込みしてもらえるのでで、一歩抜きん出ているサービスを展開しているといえます。

 

もちろん、カードレスに対応しているので、ローンカードを持たずして、24時間365日自由自在にやりくりできるという意味でも、利便性のよい2社といえます。

TOPへ