横浜銀行カードローンってどんな商品なの?

横浜銀行カードローン

 

横浜銀行カードローン」は、大手地域銀行の横浜銀行が発行する銀行系カードローンです。

 

H26年3月調べでは、全国にある64もの地域銀行の中で、預金額ランキング1位、総資産ランキング1位とトップをとっています。

 

 

借入れができる方は、「神奈川県・東京都内全地域、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に居住またはお勤めの方」と限定はされますが、金利は年1.9~14.6%と大手都市銀行と同じくらいの水準です。利用可能限度額は1,000万円までとニーズに応じて借入れができます。横浜銀行に既に口座を持っていれば、来店不要で24時間WEBからの申込みで最短翌日には借入れが可能となります。特にメインバンクが横浜銀行であれば、安心して借入れができます。

 

横浜銀行

横浜銀行カードローンはこんな方におすすめ

横浜銀行カードローンこんな人

 

横浜銀行カードローンの利用に向いている方は、以下に該当する方です。

横浜銀行の口座を持っている方

すでに横浜銀行の口座を持っていれば、申込みから契約完了までWEBで完結します。実店舗に来店もしなくて大丈夫です。最短翌日には借入れが可能になります。他の銀行系カードローンの金利にも劣ることはなく、利用限度額も、1,000万円までと幅広いのも魅力的です。

 

1,000万円まで借入れができるカードローンは数少ないので、高額融資を考えている方は検討してみてください。

 

もちろん、横浜銀行に口座がなくても申し込めますので安心してください。

横浜銀行カードローンでお金を借りる流れ

横浜銀行カードローン流れ

 

横浜銀行カードローンでお金を借りる流れを説明します。
主な申込み方法は4つあります。

  1. インターネットでPC、スマートフォンで申し込む (24時間365日受付OK)
  2. 電話で申し込む
  3. 郵送で申し込む
  4. FAXで申し込む

各々の申込み方法を簡潔に記載していますので、参考にしてください。

 

①インターネットでPC、スマートフォンで申し込む (24時間365日受付OK、今すぐ申し込む)

・申込みから契約、借入まで
インターネットでの申込みが一番てっとり早く、今すぐ申込みしたい方にぴったりです。
STEP1:申し込み
インターネットなら24時間365日お申し込みが可能で、横浜銀行と取り引きがなくても申し込みができます。
※受付後、指定のお電話番号に申込み確認の連絡と必要書類の案内があります。
STEP2:審査結果の連絡
審査結果は、最短で申し込みの翌日に指定した電話番号に連絡があります。
※受付時間や審査の状況によっては連絡が翌日より後になる場合もあります。
STEP3:契約手続き
●WEB(横浜銀行の普通預金口座をお持ちの方で「WEB完結契約」で申し込みをされた方)
●FAX
契約書類をダウンロードしてFAXします。
●郵便
自宅あてに届いた契約書類を郵送します。
※提出書類に不備等がある場合は、再提出しないといけない場合があります。その分時間がかかりますので、不備のないようにしましょう。
STEP4:カード発行・利用開始
横浜銀行ローンカードが自宅に郵送(簡易書留郵便)されてきます。カード到着次第お金の借入れができるようになります。

②電話で申し込む(今すぐ申し込む)

TEL:0120-458-014
受付時間:平日 9:00~20:00/土日・祝日 9:00~17:00

③郵送で申し込む(横浜銀行の店頭・ATMコーナーのリーフレットで申し込む)

必要事項を書類に記入して郵送してください。

④FAXで申し込む(横浜銀行の店頭・ATMコーナーのリーフレットで申し込む)

必要事項を書類に記入して、FAX(0120-144-244)します。受付時間は24時間365日です。

 

●契約後の取引や返済に関する相談窓口はこちらです。
横浜銀行カードローンプラザ(横浜銀行カードローン相談窓口)
TEL:045-225-1981
電話受付時間:銀行窓口営業日の午前9時~午後7時

横浜銀行カードローンの申し込み条件

横浜銀行カードローン申込条件

 

年齢:契約時の年齢が満20歳~満69歳以下の方
資格:①保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
②横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
③神奈川県・東京都内全地域、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に居住またはお勤めの方
収入:安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
※お金の使いみちは自由ですが、事業性資金には利用不可、借り換えローンとしては利用可

 

横浜銀行

横浜銀行カードローンの金利や利用限度額について

横浜銀行カードローン金利や利用限度額

 

金利:年1.9%~年14.6%
利用限度額:10万円~1,000万円
※横浜銀行カードローンは、年収の1/3までしか借入ができないという総量規制(貸金業法)の対象外です。

借入限度額別の適用金利(変動金利)の表

借入限度額 適用金利(変動金利)
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.9%

契約期間や返済日、返済方法

横浜銀行カードローン返済方法

 

契約期間:12ヶ月、1年(1年ごとの自動更新)
※満70歳以降はあらたな借り入れはできず、返済のみの取り引きとなります。
返済日:定例返済日は毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は翌平日窓口営業日)となります。
返済方法:横浜銀行カードローンの返済方法は口座自動引落のみです。
※定例返済日は毎月10日(10日が土・日・祝日の場合はよく平日窓口営業日)に前月の定例返済後の借入残高に応じて、以下の金額を当月定例返済日に指定の預金口座から自動的に引き落としされます。

借入残高ごとに設定された返済額の表

前月返済完了後の借入残高 返済額
2千円以下 前月返済完了後の借入残高
2千円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
以降借入残高50万円増すごとに 5,000円ずつ追加した金額
500万円超600万円以下 60,000円
以降借入残高100万円増すごとに 5,000円ずつ追加した金額
1,000万円超 85,000円

※随時返済をする場合は、横浜銀行のATM、コンビニ等に設置のセブン銀行、イーネットならびにローソン銀行の各ATM等から利用できます。
※毎月、返済日の前日までに返済額以上の金額を横浜銀行の返済用普通預金口座に入金しておかないといけません。
横浜銀行カードローンの定例返済日の前日までに、返済用普通預金口座に返済額を入金できなかったり、残高が足りず引き落としができなかった場合、当日中に返済用普通預金口座に定例返済額以上の金額を入金する、あるいはローンカードを使用して定例返済額以上の金額を返済すれば延滞にはなりません。
※全額返済をする場合は、横浜銀行ATMでのみ可能です。横浜銀行ATMの1回の入金可能額は100万円以下(かつ100枚まで)のため、全額返済する際の額が100万円以上の場合は、回数を分ければ全額返済できます。

審査に必要な書類

横浜銀行カードローン必要な書類

 

50万円以下の利用限度額を希望の場合

本人確認書類(有効期限内もしくは現在有効で、かつ氏名・住所・生年月日が記載されている以下のいずれか 1 通)のコピー

  • 運転免許証【表面・裏面の両面】
  • 健康保険証【お名前・現住所および被保険者・被扶養者のページ、カード型の場合は表面・裏面の両面】
  • パスポート【写真および住所のページ】
  • マイナンバーカード(個人番号カード)【表面】
  • 在留カード(永住権の記載があるもの)・特別永住者は特別永住者証明書

50万円超の利用限度額を希望の場合

本人確認書類と本人の現在の収入が確認できる書類のコピー(以下のうちいずれか 1 通)が必要です。

  • 源泉徴収票【勤務先の会社名の記載のあるもの】
  • 納税証明書【税務署の発行印があるもの】
  • 確定申告書【税務署の受付印があるもの】
  • 住民税決定通知書【市区町村長の発行印があるもの】

まとめ

横浜銀行カードローンまとめ

 

横浜銀行カードローンは、横浜銀行に口座を持っていれば、WEBからの申込みで契約完了まで完結し、来店不要で、郵便物も自宅に届きません。そのため家族にバレる心配もなく安心です。返済も口座自動引落や提携ATMからも利用できるので便利です。

 

何しろ、大手地域銀行なので安心と信頼感があります。横浜銀行カードローンは特定の地域(神奈川県・東京都内全地域、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に居住またはお勤めの方)に住んでいたり、勤務地がそこにあったりすることが条件の一つですが、あなたのメインバンクが横浜銀行で申込み条件もクリアしていれば借入れもスムーズに進むと思われます。

 

条件に合う方は是非とも横浜銀行カードローンで借入れをすることを考えてみてはいかがでしょうか。

 

横浜銀行

TOPへ