親戚からお金借りる時の借用書の書き方について

お金を借りる

親戚といえどもお金を借りるときには借用書を書いたほうがいいです。お金の貸し借りは、トラブルになりやすいからです。日常でお金の貸し借りは頻繁にあったりするのですが、お金借りる場合の借用書の書き方については、あまり知られていません。インターネット上には、テンプレートがたくさんありますが、そのまま使うのは危険です。

 

しっかりした借用書を準備して、トラブルを避けるようにしてください。借用書とは、借主と貸主の間にお金の貸し借りがあったことを証明する書面です。勘違いされやすいのは、お金借りるときに借用書を書けば問題ないと思う人が多いことです。借用書自体には法的効力はありません。当人通しの記憶違いによるトラブルを防ぐために書きます。裁判を起こして始めて有効になります。

 

たとえば、親戚同士で金銭消費貸借を行って、いつまで経っても貸したお金を返してくれない場合には、最終的には裁判で争わないといけません。親戚同士ですから、そこまではいかないと思いますが、いざというときに書いておいたほうがいいと思います。お金借りるときの借用書の書き方にはいろいろな書き方がありますが、一般的には、借主と貸主の住所・氏名・押印、金額、お金を渡した日付、返済方法・返済期日が書かれていれば、どんな書き方でも大丈夫です。インターネット上で、よさそうなテンプレートを探してダウンロードを行い、ワード等で修正しながら入力していけば問題ないかと思います。