カードローンの歴史

カードローン即日

カードローンは、カードを用いてATMやCDなどの機械を使ってお金を借り入れることができるサービスのことです。カードローンの歴史としてはATMやCDなどの機械によるお金の預け入れが出来るようになった1970年代以降に登場したものになりますが、現在のように簡単に誰もが利用できるようなものではありませんでした。

 

特に銀行などの金融機関が提供するものは金利が低いなどの条件が良いものの一定の年収以上であることや職業などの加入条件が厳しい傾向にありました。一方で現在の消費者金融の場合には、歴史的に国民所得が増えた1960年代頃から発展するようになり条件のハードルが低いため多くの人に利用されてきましたが、サラリーマン金融と呼ばれた1970年代には高利貸しや強引な取り立てが横行するなどして利用するのには抵抗のあるものでした。その後、サラリーマン金融は1980年代の貸金業法が作られたこともあり消費者金融と名称を変えて営業をするようになり、さらに銀行のようにATMやCDなどの機械による借り入れと返済を可能にするなどカードローンと同等のサービスをするようになります。

 

1990年代までは歴史的に見ても消費者金融と銀行のカードローンは住み分けしていた状態が続きましたが、2000年代に入ると貸金業法の規制強化などもあり、多くの消費者金融が廃業したり銀行の傘下に入ることになります。このため現在の銀行のカードローンでは保証人に消費者金融などがなることで、比較的信用状態の悪い人でも利用できるようになっています。