本当に困った時に警察でお金借りる

お金借りる

出かけた先でお財布を落としてしまった、周りに知っている人もなく、家に帰ることもできないなど、こんな窮地に立たされた時に頼ることができるのは交番しかない…といった状況に陥ることも考えられます。実際に交番に行って現在の困窮している事情を話せば、地域によっては警察でお金借りることができます。これは財布を無くしてしまい、交通費がなくて困っているなどという時に交番で貸してくれるもので、その費用は各都道府県の予算になります。

 

ただしお金借りることができるのはせいぜい1000円程度です。このお金は警察の内部規定に従って貸し出しをしてくれるのですが、あくまでも借りたお金であるにもかかわらず、年々借りたまま返さない人々が増えていると言われます。けれども本当に困っているのか、あるいはただお金がほしいだけなのかということの判断を厳しく運用していると言われます。中には借りたお金を返すことなく、各地の警察でこの制度を悪用してお金を借りまくっていた人物が詐欺として逮捕されたこともあります。

 

本当に困った人々を助けるためにある制度なので、お金借りることだけをあちこちで繰り返すといった行為は到底許されるものではありません。